コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラディシュ radish

翻訳|radish

世界大百科事典 第2版の解説

ラディシュ【radish】

アブラナ科の一年草(イラスト)。ヨーロッパ系のダイコンで,播種(はしゆ)してから20~30日の短期間で収穫できるところから,ハツカダイコンの別名がある。古くから西洋に分布し,ピラミッド建設の碑文にも記されているといわれる。原産地は不明で,古いヨーロッパの野生種交雑によりできたものと考えられている。植物体は小さく,極早生種である。全体に多毛。根形は丸形から長形まであり,根色も白,紅,紫などがある。低温に強く,とう立ちも遅い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラディシュの言及

【ダイコン(大根)】より

… 多様なダイコンの品種を大別するとヨーロッパ系とアジア系とに区別される。ヨーロッパ系の代表的なものはハツカダイコン(ラディシュ)であり,アジア系は日本のダイコン(英名Japanese radish)である。しかし中国やインドのダイコンの形質には,ヨーロッパ系と日本系のダイコンの中間をつなぐ形質のものが多くあり,両極端の中間にはっきり区別の線を引くことはできない。…

※「ラディシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラディシュの関連キーワードハルカトゥル・ジハーディ・イスラミ・バングラデシュワサビダイコン(山葵大根)サルミゼゲトゥサペトル ネチャス繊維機械工業アブラナ科シトウェ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android