コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラトナキールティ らとなきーるてぃRatnakīrti

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラトナキールティ
らとなきーるてぃ
Ratnakrti
(1000―1050ころ)

インドのビクラマシラー僧院にいた仏教の学僧。ジュニャーナシュリーミトラJnarmitra(980―1030ころ)の弟子で、アティーシャの師の一人。有相唯識(うそうゆいしき)家、論理学者。独創的な著書は残っていないが、ジュニャーナシュリーミトラの難解な諸著を明快に要約した。その多くの作品はタークル編『ラトナキールティ著作集』に収められている。世界を自己の表象とし、他人の実在をも否定する独我論的な唯識思想を説く。[梶山雄一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android