コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独我論 ドクガロン

6件 の用語解説(独我論の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どくが‐ろん【独我論】

solipsism》真に実在するのは自我とその所産だけであり、他我やその他すべてのものはただ自己の意識内容にすぎないとする立場。バークリーフィヒテシュティルナーなどにみられる。独在論。唯我論。独知論。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

独我論【どくがろん】

英語solipsismなどの訳。〈独在論〉〈唯我論〉とも。真に実在するものは自我とその意識内容だけであって,他我や物の実在を確実視することはできないという立場。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どくがろん【独我論 solipsism】

唯我論,独在論ともいう。ラテン語のsolus(~のみ)とipse(自我)とをつないでできた言葉で,一般には自我の絶対的な重要性を強調する立場のことをいう。古くは実践哲学の領域で,自己中心的もしくは利己的な生活態度や,それを是認する道徳説に対して用いられたが,今日では認識論的,存在論的な見解をあらわす言葉として使うのが普通である。すなわち全世界は自我の意識内容にほかならず,物や他我の実在を確実に認識することはできない,またそれらに自我と並ぶ実在性は認められないとする見解をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どくがろん【独我論】

真に実在するのは自分の自我だけであり、他者や外界の事物は自らの意識内容にすぎないとする考え。主観主義的認識論を極端に押し進めたもので、バークリー・フィヒテ・シュティルナーなどに見られる。独在論。唯我論。独知論。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独我論
どくがろん

ソリプシズム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独我論
どくがろん
solipsism英語
Solipsismusドイツ語
solipsismeフランス語

独在論、唯我論ともいう。ラテン語のsolus(ただ……だけ)とipse(自己)と-ism(主義)を合成してできた語。(1)理論的には、自分以外の他人に自分と同じ自我(他我)が存在することを否定する考え方。「私たちは観念のある集まりによって、私たち自身に似た思考と運動の別個の原理が表れていると考えるようになる」(バークリー)。(2)実践的には、個的自我の尊重・実現に人生の唯一絶対の価値があるという考え方。「私は、私がありうるすべてでありたい。他人が類似したものであるかが、どうして私にかかわりをもつだろう」(シュティルナー)。(3)自分の他我を認めるために、類比説では、身体、行為、言語を媒介に自我との類比から他我を構成する(フッサール)。直証説では、他我の存在は自負や恥じらいで直接に知られる(サルトル)。共同主観説は、特定の自己でない「ひと」を根本に置く(メルロ・ポンティ)。[加藤尚武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の独我論の言及

【ウィトゲンシュタイン】より

…《論考》の中核である〈像の理論〉は,要素命題の記号を言語外の対象に対応づけ,命題を事実の写像たらしめる主観の作用を暗黙のうちに前提していた。これは言語主体たる〈私〉を有意味性の根源とすることであり,そのかぎり,〈私の言語の限界〉をもって世界そのものの限界とする独我論の立場を脱することはむずかしい。後期のウィトゲンシュタインは,こういう〈私的言語〉の想定が《論考》のみならず広く哲学的な言語解釈の根源になっていることを見抜き,この想定の背理と不毛を徹底的に追及した。…

※「独我論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

独我論の関連キーワード外科俗ラテン語存在論独在論唯我論唯我独尊拉葡日対訳辞書羅甸サージェンス第3手根骨 (3rd carpal bone)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone