コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独我論 ドクガロン

百科事典マイペディアの解説

独我論【どくがろん】

英語solipsismなどの訳。〈独在論〉〈唯我論〉とも。真に実在するものは自我とその意識内容だけであって,他我や物の実在を確実視することはできないという立場。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どくがろん【独我論 solipsism】

唯我論,独在論ともいう。ラテン語のsolus(~のみ)とipse(自我)とをつないでできた言葉で,一般には自我の絶対的な重要性を強調する立場のことをいう。古くは実践哲学の領域で,自己中心的もしくは利己的な生活態度や,それを是認する道徳説に対して用いられたが,今日では認識論的,存在論的な見解をあらわす言葉として使うのが普通である。すなわち全世界は自我の意識内容にほかならず,物や他我の実在を確実に認識することはできない,またそれらに自我と並ぶ実在性は認められないとする見解をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どくがろん【独我論】

真に実在するのは自分の自我だけであり、他者や外界の事物は自らの意識内容にすぎないとする考え。主観主義的認識論を極端に押し進めたもので、バークリー・フィヒテ・シュティルナーなどに見られる。独在論。唯我論。独知論。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独我論
どくがろん

ソリプシズム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独我論
どくがろん
solipsism英語
Solipsismusドイツ語
solipsismeフランス語

独在論、唯我論ともいう。ラテン語のsolus(ただ……だけ)とipse(自己)と-ism(主義)を合成してできた語。(1)理論的には、自分以外の他人に自分と同じ自我(他我)が存在することを否定する考え方。「私たちは観念のある集まりによって、私たち自身に似た思考と運動の別個の原理が表れていると考えるようになる」(バークリー)。(2)実践的には、個的自我の尊重・実現に人生の唯一絶対の価値があるという考え方。「私は、私がありうるすべてでありたい。他人が類似したものであるかが、どうして私にかかわりをもつだろう」(シュティルナー)。(3)自分の他我を認めるために、類比説では、身体、行為、言語を媒介に自我との類比から他我を構成する(フッサール)。直証説では、他我の存在は自負や恥じらいで直接に知られる(サルトル)。共同主観説は、特定の自己でない「ひと」を根本に置く(メルロ・ポンティ)。[加藤尚武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の独我論の言及

【ウィトゲンシュタイン】より

…《論考》の中核である〈像の理論〉は,要素命題の記号を言語外の対象に対応づけ,命題を事実の写像たらしめる主観の作用を暗黙のうちに前提していた。これは言語主体たる〈私〉を有意味性の根源とすることであり,そのかぎり,〈私の言語の限界〉をもって世界そのものの限界とする独我論の立場を脱することはむずかしい。後期のウィトゲンシュタインは,こういう〈私的言語〉の想定が《論考》のみならず広く哲学的な言語解釈の根源になっていることを見抜き,この想定の背理と不毛を徹底的に追及した。…

※「独我論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

独我論の関連キーワードバークリー(George Berkeley)ウィトゲンシュタインロアイエ=コラールラトナキールティパトチュカエゴイズムエゴイスト大森荘蔵加藤尚武リクール個人主義善の研究間主観性外界事物所産

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android