コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラバト・サレ Rabat‐Salé

1件 の用語解説(ラバト・サレの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラバト・サレ【Rabat‐Salé】

モロッコ王国の首都。大西洋に面しカサブランカの北東90km,ブー・レグレグ河口の段丘上にあり,川を挟んで西がラバトal‐Ribāṭ,東がサレSalāの町。人口138万6000(1994)。サレは古代ローマ時代の植民都市で古い市街メディナがある。じゅうたん製造のほか食品,繊維,化学などの工業が立地する。ラバトは10~11世紀サレの対岸に設営されたイスラム教徒の小要塞=修行所(リバート,ラバト)に起源をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラバト・サレの関連キーワードガイアナカサブランカセントジョンズバイアブランカブラザビルブリュッセルモロッコラブラドルモロッコ革バヘリーニャス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone