コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブナー遺跡 ラブナーいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラブナーいせき【ラブナー遺跡】

メキシコユカタン州の州都メリダにある遺跡。メリダの南東約115km、ウシュマル遺跡の南東約30kmに位置し、600~900年ごろの古典期末期に栄えた、プーク様式の古代都市の一つである。規模は大きくないが、雨神チャクやヘビの装飾が見事な宮殿、疑似アーチなど見ごたえのある建築物がある。◇「ラブナー」とはマヤ語で「古い家」という意味。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android