コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブナー遺跡 ラブナーいせき

1件 の用語解説(ラブナー遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラブナーいせき【ラブナー遺跡】

メキシコユカタン州の州都メリダにある遺跡。メリダの南東約115km、ウシュマル遺跡の南東約30kmに位置し、600~900年ごろの古典期末期に栄えた、プーク様式古代都市の一つである。規模は大きくないが、雨神チャクやヘビの装飾が見事な宮殿、疑似アーチなど見ごたえのある建築物がある。◇「ラブナー」とはマヤ語で「古い家」という意味。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラブナー遺跡の関連キーワードメキシコ湾ユカタン海峡アメリカメキシコ戦争ニューメキシコカバー遺跡コフンリッチ遺跡シュプヒル遺跡トゥーラ遺跡マヤパンロルトゥン鍾乳洞

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone