コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブラドール・レトリーバー Labrador Retriever

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

ラブラドール・レトリーバー【Labrador Retriever】

イギリス原産の大型犬。世界で最も飼育頭数が多い品種と推定されている。もとはカモなど水禽の回収に使われていたが、温厚で忍耐強い性質や優れた嗅覚から、盲導犬聴導犬警察犬としても活躍している。最近はブラックや赤茶色が人気である。カナダ北東部のラブラドール半島から出航した船に乗って、イギリスに渡ったことからこの名前がついた。JKCでは、第8グループ(ポインター・セター以外の鳥猟犬)に分類する。

出典 講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について 情報

ラブラドール・レトリーバーの関連キーワードラブラドル・レトリーバーラブラドードルウイッシュクイールバディきな子ソニアスカイコニー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android