コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムカムヘン大王記念碑 ラムカムヘンだいおうきねんひ

1件 の用語解説(ラムカムヘン大王記念碑の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラムカムヘンだいおうきねんひ【ラムカムヘン大王記念碑】

タイの中北部、首都バンコクの北400kmに位置する古都スコタイにある、かつての王を顕彰する記念碑。スコタイは1238年に、カンボジアクメール人)の支配を脱してタイ族が始めて立てたスコタイ王朝の都が置かれた町。ラムカムヘン大王の時代に、スコタイ王国は急速に勢力を拡大して、クメールの勢力を駆逐し、現在のタイの領域とほぼ同じ地域を獲得した。また、ラムカムヘン大王は現在使われているタイ文字の基礎をつくり、仏教の導入や陶芸の発展を促したといわれ、今日でもタイの人々の尊敬を集めている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラムカムヘン大王記念碑の関連キーワードバンコクバンコク朝万国万斛盤谷万国旗バンコクマラソン熊坂磐谷吉田磐谷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone