コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗温度計 ていこうおんどけい resistance thermometer

6件 の用語解説(抵抗温度計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抵抗温度計
ていこうおんどけい
resistance thermometer

金属または半導体電気抵抗と温度との関係を利用して,電気抵抗を測定し温度を知る温度計。ブリッジ式として感度を上げている。ある種の抵抗体は広い温度範囲にわたって電気抵抗の温度変化が規則的なので,精密測定が容易である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていこう‐おんどけい〔テイカウヲンドケイ〕【抵抗温度計】

金属または半導体電気抵抗が温度によって変化することを利用した温度計。液体温度計よりも広い範囲の測定ができる。電気抵抗温度計電気式温度計

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

抵抗温度計【ていこうおんどけい】

金属または半導体の電気抵抗が温度とともに規則正しく増加するのを利用し,抵抗を測定することにより温度を知る温度計。最も一般的なものは白金抵抗温度計で,雲母または磁器製の薄板に白金線を巻き,磁器,石英ガラスまたはニッケル製の保護管に封入する。
→関連項目極低温高温計ボロメーター

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ていこうおんどけい【抵抗温度計 resistance thermometer】

金属または半導体の電気抵抗が温度とともに変化する現象を利用した温度計。金属材料としては,白金がもっとも多く用いられるが,ニッケル,銅が用いられることもある。これらの金属を細線にしたもの(素線)を巻きわくに巻き,所要の導線(内部導線)と絶縁体を付加して保護管に納めたものを測温抵抗体という。素線が不純物やひずみの悪影響を受けるのを防ぐため,素材の純度,素線の巻き方,測温抵抗体の熱処理などに注意して製作する必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ていこうおんどけい【抵抗温度計】

金属または半導体の電気抵抗の温度変化を利用した温度計。摂氏マイナス200~プラス700度まで測定可能であり、しかも精度が高い。白金が多く用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抵抗温度計
ていこうおんどけい

金属、半導体の電気抵抗値が温度依存性をもっている性質を利用した温度計。一般に再現性がよいために研究計測用に広く利用されている。図Aに示すように、金属の電気抵抗はほぼ温度に比例する性質を示す。一方、半導体の電気抵抗はほぼ温度に逆比例する。この性質を用いて白金線温度計は20~1500K(絶対温度)の広範囲にわたる温度測定に用いられる。半導体酸化物を用いたサーミスター温度計は、目的とする温度領域で最大感度を示すように作成できるので、100~400Kにおける簡易計測に便利である。10K以下の低温では図Bのゲルマニウム温度計またはシリコン温度計などが用いられる。また電子回路用の1/8ワット炭素抵抗も低温用温度計として有用である。これらの電気抵抗の測定は、電位差計またはホイートストン・ブリッジ(ブリッジ回路の一つ)を用いて行う。[渡辺 昂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の抵抗温度計の言及

【温度計】より

…18世紀に入ると,G.D.ファーレンハイト,A.セルシウスらによって温度目盛の基準化が進められ,バイメタルを利用した温度計も考案された。19世紀の物理学の進展は,温度の概念に熱力学的および統計力学的な基盤を与えるとともに,電磁気現象や熱放射現象を利用する温度計,すなわち熱電対を利用した熱電温度計,金属や半導体の電気抵抗が温度によって変わることを利用した抵抗温度計,物体からの放射エネルギーの量を測定する放射温度計,輝度を標準の電球と比較して温度を測る光高温計などの発明をもたらし,また,温度測定の統一的な基準となる熱力学温度の単位の構想や,気体液化による低温の利用,電流の熱作用による高温の発生などを可能にした。これらの傾向は,産業技術の展開と表裏の関係をなし,一方で,産業用温度計の開発,汎用(はんよう)化を促し,他方で,極低温や超高温の分野における研究と利用,ひいてはこれらの極端な温度を測定する技術への多彩な挑戦を誘い出して,今日に及んでいる。…

※「抵抗温度計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

抵抗温度計の関連キーワード半導体磁気抵抗効果熱電能熱電発電ピエゾ抵抗効果巨大磁気抵抗素子サーミスター温度計磁気抵抗素子常伝導体有機導体

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone