コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランカスカ ランカスカ Langkasuka

2件 の用語解説(ランカスカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランカスカ
ランカスカ
Langkasuka

マレー半島北部に存在した古王国。 515年中国の梁朝に「狼牙脩 (ろうがしゅう) 」という名で朝貢した。このとき「立国以来四百余年に及ぶ」と記されているが,そのままでは信用しがたい。東岸パタニを中心に西岸トラン,タクワパなどに及ぶ領土内からヒンドゥー寺院跡,中国陶器など,中国,インド両文明の交流を物語る遺物が出土。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ランカスカ【Langkasuka】

紀元1世紀ごろからおそらく8世紀ごろまで,マレー半島中部のおそらく現在のパタニ付近にあったと推定される王国。マレー半島はインドと中国との間の海上交通路の中継地点となり,前1世紀ごろから各地にインドから来航した人々によって小国家が建設された。ランカスカもその一つである。515年に初めて中国に朝貢し,狼牙脩(ろうがしゆう)という名前で記録されている。このころが最盛期で,7世紀以降は赤土国スリウィジャヤ王国の勃興によって影の薄い存在となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランカスカの関連キーワードクレタ文明ジャボ空恐ろしいダブレット字喃ドイツ文字封建時代慕容カセイ縄文人と弥生人

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone