ラングハンス(英語表記)Langhans, Karl Gotthard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラングハンス
Langhans, Karl Gotthard

[生]1732. シュレジエン
[没]1808
ドイツの建築家。数学を学んだが建築家に転向し,シュレジエン地方で活躍。古典主義的作風で,ベルリンの上級建築局局長となり,同市にギリシア・リバイバルの先駆的な作品といわれるブランデンブルク門 (1789~94) を造り,ほかにも数多くのプロシア王室関係の建物を設計したが,ほとんどが破壊され現存しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラングハンス
らんぐはんす
Carl Gotthard Langhans
(1732―1808)

ドイツの建築家。シュレージエンのランデスフートに生まれ、ブレスラウ(ブロツワフ)近郊で没した。1768年イタリア、1775年オランダ、イギリス、フランス各地を研究旅行。この間ブレスラウ宮(1766~1773)の造営にあたり、1775年以来シュレージエンで建築監督官を務めた。1788年ベルリンに招かれて建築監督長官に任ぜられ、フリードリヒ・ウィルヘルム2世の命によりブランデンブルク門(1788~1791)、シャルロッテンブルク城およびポツダム宮の各劇場(1788および1795)などの造営を行った。作風は古代様式に倣っている。息子フェルディナントCarl Ferdinand(1782―1869)も建築家で、とくに劇場建築を多く手がけた。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例