コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランゴ族 ランゴぞく Lango

1件 の用語解説(ランゴ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランゴ族
ランゴぞく
Lango

ウガンダのランゴ地方に住む半農半牧民。現在ではナイル諸語のルオ語を話すが,もともとはテソ族に近いナイロ=ハム語系人口が中心であった形跡がある。人口約 100万と推定される。地域的,文化的に4つの支族に分れているが,かつては村落が自律的政治単位であり,村落間の争乱が絶えなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のランゴ族の言及

【ウガンダ】より

…【中村 和郎】
[住民,社会]
 国名が〈ガンダ族の国〉に由来するように,ガンダ族が最大の人口(1983年で17.8%)を持つ。ついでテソ族(8.9%),アンコーレ族(8.2%),ソガ族(8.2%),ギス族(7.2%),チガ族(6.8%),ランゴ族(6.0%)などが有力である。 ウガンダの住民構成は,さまざまな種族の移住の歴史により複雑になっている。…

※「ランゴ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランゴ族の関連キーワードガンダ族ガンダルバディンカ族テソ族ソマリ半農半漁クルド族ソンダル岩ウガンダ岩半農半学

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone