コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランズベルク Landsberg, Paul-Ludwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランズベルク
Landsberg, Paul-Ludwig

[生]1901.12.3.
[没]1944
ドイツの哲学者。ボン,バルセロナ,パリの各大学で知識社会学ならびに認識社会学を講義した。著書は『哲学的人間学入門』 Einführung in die philosophische Anthropologie (1934) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ランズベルクの関連キーワードヘルマン エンデケーグラーわが闘争

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android