コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認識社会学 ニンシキシャカイガク

デジタル大辞泉の解説

にんしき‐しゃかいがく〔‐シヤクワイガク〕【認識社会学】

sociology of cognition/〈フランス〉sociologie de la connaissance》人間の認識を中心とした思考作用について、その社会との関連性や社会的性格を研究する社会学の一分野。フランスのデュルケームが提唱し、ドイツのイェルザレム(K.W.Jerusalem)が確立。知識社会学と同義に用いられることもある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にんしきしゃかいがく【認識社会学】

人間の認識活動の社会的被拘束性と、認識自身の社会的起源を明らかにし、認識と社会との関連性を研究対象とする社会学の一分野。フランスのデュルケームらによって始められ、ドイツのイェルザレムによって確立。 〔「知識社会学」と同義に用いられる場合がある〕 → 知識社会学

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

認識社会学の関連キーワードランズベルク社会学主義

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android