コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランダルマの破仏 ランダルマのはぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランダルマの破仏
ランダルマのはぶつ

チベット王ランダルマ (809~843) による仏教の大弾圧。 841年に登位したランダルマ王がチベットの仏教を圧迫衰亡させたため,ハルンのペルギドルジェという僧に報復刺殺され,王国は分裂滅亡した (843) と一般にいわれる。実際には過度の仏教保護と軍事国家としての体制の矛盾から,排仏派がレルパチェン王を殺し,ランダルマ王も両派抗争の間に殺害されて王国が滅亡したものと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ランダルマの破仏の関連キーワードハールーン・アッラシードハールーンアッラシード高志内親王ハールーン・アッラシードハルンアッラシード嵯峨天皇嵯峨天皇平城天皇平安時代(年表)東フランク王国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android