コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原仲成 ふじわらのなかなり

5件 の用語解説(藤原仲成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原仲成
ふじわらのなかなり

[生]宝亀5(774).奈良
[没]弘仁1(810).9.11. 京都
平安時代初期の廷臣。薬子の変の主謀者。種継の子。母は粟田道麻呂の娘。延暦4 (785) 年従五位下出羽守左兵衛督,右大弁などを経て,大同4 (809) 年北陸道観察使,翌年参議に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原仲成 ふじわらの-なかなり

764-810 奈良-平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)8年生まれ。藤原種継の長男。母は粟田道麻呂の娘。平城(へいぜい)天皇の寵遇(ちょうぐう)をうけ,妹薬子(くすこ)とともに権勢をふるう。大同(だいどう)4年従四位下で北陸道観察使,翌年参議。平城上皇の重祚(ちょうそ)をはかり,嵯峨(さが)天皇側に大同5年9月11日射殺された(薬子の変)。47歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原仲成

没年:弘仁1.9.11(810.10.12)
生年:天平宝字8(764)
平安初期の官人。種継と粟田道麻呂の娘の長男。父が暗殺され,妹薬子が宮廷を追放されるなど,桓武天皇時代は恵まれなかったが,平城天皇の即位後,薬子が再び寵を得たことにより大同4(809)年北陸道観察使,翌年参議となる。薬子と共に長岡京造営中に倒れた父の名誉回復に努め,祟りを恐れた桓武が『続日本紀』から削除した早良親王と種継事件の記事を桓武没後,もと通りに挿入したこともある。薬子の変(810)で逮捕されて右兵衛府に監禁され,翌日射殺。死刑はこれを最後に保元の乱(1156)で復活されるまで途絶える。粗野で狂暴な人物と『日本後紀』は酷評。<参考文献>瀧浪貞子『平安建都』

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのなかなり【藤原仲成】

764‐810(天平宝字8‐弘仁1)
平安初期の官人。藤原式家の種継の長子で,母は粟田道麻呂の娘という。785年(延暦4)父種継が暗殺されたのち従五位下に叙され,翌年衛門佐となり,出雲守,左中弁,山城守,主馬頭などを歴任し,801年従四位下となる。806年(大同1)兵部大輔となり,左兵衛督,右大弁などを経て809年には従来の参議に代わっておかれていた観察使(北陸道)となり,ついで大蔵卿となった。この間807年10月に無実の罪伊予親王母子を自殺においこんだ事件が起こったが,これを仲成の陰謀とする理解もあるが定かではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原仲成
ふじわらのなかなり
(774―810)

平安初期の政治家。式家種継(たねつぐ)の長男。妹の薬子(くすこ)が平城(へいぜい)天皇に寵愛(ちょうあい)されたことから薬子とともに政治を左右した。しかしその後天皇は譲位し弟の嵯峨(さが)天皇が即位すると両者は対立し、ふたたび平城の即位を謀った仲成・薬子らは上皇とともに平城(へいじょう)の古都へ移り、平城への遷都を強行しようとした。ここに至って両者の対立は決定的となって薬子の変となり、仲成は嵯峨(さが)側によって射殺された。[福井俊彦]
『北山茂夫著『続万葉の世紀』(1975・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原仲成の言及

【薬子の変】より

…一方この前後から嵯峨天皇も健康がすぐれず,翌810年(弘仁1)の朝賀は廃止され,7月には川原寺,長岡寺での誦経や伊勢大神宮への奉幣も行われた。このような事情のなかで,平城宮で健康を回復した上皇は,東宮時代にその後宮に入り寵愛していた藤原薬子(藤原種継の娘)とその兄藤原仲成らとともに重祚(ちようそ)(退位した天皇が再び即位すること)を企てた。同年9月に,薬子らは上皇の命により平城京への還都を断行し,諸司が二分し人心騒動するという決定的な対立となった。…

※「藤原仲成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原仲成の関連キーワード坂上苅田麻呂南家藤原葛野麻呂和気真綱粟田口国頼粟田奈勢麻呂粟田道麻呂葛井親王藤原縄主粟田氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone