コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランテコンボラ山(読み)ランテコンボラサン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランテコンボラ山
らんてこんぼらさん
Bukit Rantekombola

インドネシア中部、スラウェシ島南西部のマカッサル半島基部にそびえる山。ボーニ湾の湾奥の町パロポより南西40キロメートルに位置する。別名ランテマリオRantemario山。標高3455メートルで、スラウェシ島の最高峰である。山麓(さんろく)部にはコプラ、コーヒーのプランテーションが発達するが、中腹以上は原始林に覆われている。1909年、オランダの探検隊が初登頂した。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android