ラーパイ・センロー(英語表記)Lahpai Seng Raw

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
人権活動家 メッタ(慈愛)開発財団創設者

国籍
ミャンマー

出生地
カチン州

学歴
ヤンゴン大学卒

受賞
マグサイサイ賞〔2013年〕

経歴
仏教徒のビルマ族過半数を占めるミャンマーにおいて、キリスト教徒のカチン族女性として生まれる。紛争の中、長兄ゲリラに身を投じ、戦死。兄との連絡役を疑われ、軍に拘束された経験を持つ。1990年から7年間タイ・バンコクに滞在し、カチン独立機構人道支援部門のプログラム・オフィサーとして、国境地帯の少数民族の所得創出のため職業訓練学校や、幼稚園の設置・運営に尽力。’97年帰国し、軍事政権下のヤンゴンにおいてNGO組織“メッタ(慈愛)開発財団”を設立し、国軍と少数民族武装組織の戦闘を逃れた国内避難民、国境の難民らの支援を行う。学校運営、衛生環境改善、天災被害の救援などに携わり、60万人がその恩恵を受けたといわれる。2011年9月所長職を辞任。2013年アジアのノーベル賞といわれるマグサイサイ賞を受賞。2014年国際交流基金の招きで初来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android