コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーン川 ラーンがわLahn

2件 の用語解説(ラーン川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーン川
ラーンがわ
Lahn

ドイツ,ヘッセン州西部を流れ,ラインラントファルツ州コブレンツの南方でライン川に合流する川。全長 245km。沿岸に大学のある町マールブルク,大聖堂のある町ラーンおよびリンブルクなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーン川
らーんがわ
Lahn

ドイツ中部の川で、ライン川の支流。流長245キロメートルジーゲン東方の山地に源を発して東流し、大学都市マールブルクから南流してギーセンに至り、そこから西南西へライン板岩山地をうがって流れ、ラーンシュタインでライン川に合流する。19世紀にはギーセンより下流が舟運に利用されたが、鉄道開通以後、舟運は廃絶された。いまでは風光の美しい河畔にキャンプ場などの保養・観光施設が設けられている。[浮田典良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone