コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リエントラント りえんとらんと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リエントラント

1つのプログラムにおいて、複数の処理要求が来ても同時に処理できることを指す。各データが処理中に混合しないように、データの領域を処理要求の数だけ用意している。オンラインシステムで使われるプログラムにはこの設計が必要となる場合がある。再入可能とも呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リエントラント(reentrant)

複数のプログラムを並行して実行するマルチタスク処理において、実行中のプログラムが同時に他のプログラムからの実行要求に応じられること。再入可能。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リエントラント
re-entrant

再入可能。コンピュータの1つのプログラムがあるデータセットに対して仕事をしている途中で,他のデータセットに対してプログラムを働かせる要求があったとき,先に処理していた仕事を途中で止め,新しいデータに対して計算を行い,それが終了すると,先の仕事の中断していたところから計算を再開できるように配慮されたプログラムの構造をいう。再入可能なプログラムではあらゆるパラメータをすべてプログラムの外に出し,プログラム自体は処理プロセスのみの構造となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リエントラントの関連キーワード小型トラック用ハイブリットシステムWin16Mutekサブルーチン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android