コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リオティント鉱山 リオティントこうざんRio Tinto mine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リオティント鉱山
リオティントこうざん
Rio Tinto mine

スペイン南西部ウエルバ県東部の含銅硫化鉄鉱鉱山。セビリアの北西約 65kmに位置する。フェニキア,ローマ時代から知られていた。1725年に一スウェーデン人に貸与され,1872年にはイギリスのシンジケートに貸与されたのち,1954年スペインに返還された。古生代石炭紀前期の粘板岩を主体とする母岩中に層状または塊状の含銅硫化鉄鉱が存在。熱水交代説,海底噴気堆積説などの成因説がある。付近に同種の鉱床があり,スペインの銅,硫化鉄資源として重要。ほかに鉄,マンガンを産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android