コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リグロイン ligroin

大辞林 第三版の解説

リグロイン【ligroin】

沸点が約摂氏60~120度のガソリン。実験室用の溶剤として用いる。主成分としてペンタン・ヘキサン・ペプタン・オクタンなどを含む。普通、ベンジンのことをいうことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リグロイン
りぐろいん
ligroin

工業ガソリンの一種で、沸点約60~110℃の無色透明の石油製品。おもに実験室用溶剤に用いる。日本ではこの名称はあまり使用されず、ほとんどベンジンと同義に使われる。[原 伸宜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リグロインの関連キーワードピクリン酸ヘキサン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android