リグロイン(英語表記)ligroin

大辞林 第三版の解説

リグロイン【ligroin】

沸点が約摂氏60~120度のガソリン。実験室用の溶剤として用いる。主成分としてペンタン・ヘキサン・ペプタン・オクタンなどを含む。普通、ベンジンのことをいうことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リグロイン
りぐろいん
ligroin

工業ガソリンの一種で、沸点約60~110℃の無色透明の石油製品。おもに実験室用溶剤に用いる。日本ではこの名称はあまり使用されず、ほとんどベンジンと同義に使われる。[原 伸宜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

リグロイン

〘名〙 (ligroin, ligroine) ガソリンのうち沸点範囲が摂氏六〇~一二〇度程度のもの。主に実験用溶剤として使用。石油エーテルやベンジンと同義に用いられることもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android