コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リサジュー Jules Antoine Lissajous

大辞林 第三版の解説

リサジュー【Jules Antoine Lissajous】

1822~1880) フランスの物理学者。「リサジューの図形」を発表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リサジュー
りさじゅー
Jules Antoine Lissajous
(1822―1880)

フランスの物理学者。パリのリセ、サン‐ルイの物理学教授。波動に興味をもち、振動の研究で光学的方法を発展させた。1855年、2本の音叉(おんさ)を振動させ、光線をそれらの音叉で順に反射させ、その像をスクリーンに映し出す装置をつくり、単振動の合成を示す図形を得た。このリサジューの図形とよばれる曲線は、今日ではオシロスコープの水平軸、垂直軸にサイン波を引加することにより容易に得られる。1874年よりいくつかのアカデミーの会員を経てパリ科学アカデミー会員となった。[佐藤 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リサジューの関連キーワードプランク(ヨーロッパ宇宙機関の科学衛星)ブラックバーンの振り子リサジュー図形スペース望遠鏡リサジュー曲線リサジュー軌道ハロー軌道3月4日周波数計ガイア振り子図形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android