コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リシノアラニン

栄養・生化学辞典の解説

リシノアラニン

 C9H19N3O4 (mw223.27).

 タンパク質の中のシスチンがアルカリ性の条件下でデヒドロアラニンになり,それがリシンと反応して生成する化合物.コラーゲンの架橋の一つもこの化合物である.この物質が生成するとタンパク質のリシンが減少して栄養価が低下することが多い.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

リシノアラニンの関連キーワードアセチルアミノフルオレン

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android