コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リシノアラニン

1件 の用語解説(リシノアラニンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リシノアラニン

 C9H19N3O4 (mw223.27).

 タンパク質の中のシスチンアルカリ性の条件下でデヒドロアラニンになり,それがリシンと反応して生成する化合物.コラーゲンの架橋の一つもこの化合物である.この物質が生成するとタンパク質のリシンが減少して栄養価が低下することが多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リシノアラニンの関連キーワード観応CPX千草アセチルアミノフルオレンOPX楠本武俊松前昌広水上武ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調/piano soloモーツァルト:ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone