リシン2-モノオキシゲナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

リシン2モノオキシゲナーゼ

 [EC1.13.12.2].リシンオキシゲナーゼ,リシンオキシダーゼ,リシン酸化酵素ともいう.リシンを酸化的に脱炭酸して5-アミノバレルアミドに変換したり,オルニチンを酸化的に脱アミノして2-オキソ-5-吉草酸に変換する反応を触媒する酵素で,[Pseudomonas fluorescens]が生産する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android