コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスト・スクリーニング list screening

1件 の用語解説(リスト・スクリーニングの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

リスト・スクリーニング【list screening】

スクリーニングは、審査、選考、選抜の意味。仕切りカーテンや網戸の意味のスクリーンとは別。コンピュータに散財している既存の顧客リストをふるいにかけて(スクリーニング)、目的にあった優良見込客のみを抽出することをマーケティングではリスト・スクリーニングといっている。リスト・スクリーニングを実施することによって的確な見込客が選別でき、より無駄のないアプローチをすることが可能となる。リスト・クリーニングとは別の作業。どのような条件でスクリーニングするかが重要。スクリーニングの的確な条件を設定するためには、購入データの分析や多くのテスト、経験が必要になる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リスト・スクリーニングの関連キーワードチューニングマス・スクリーニングスクリーンテストダブルミーニングチャーニングハウスクリーニングクリーニングステーションフロスト・チャーニングイリーガルスクリーニングスクリーニング検査 (screening test)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone