コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスバーン Lisburn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リスバーン
Lisburn

イギリス北アイルランド東部の町,および地区(district council area)。地区の行政府所在地。アイルランド語では Lios na gCearrbhach。ベルファストの南西約 13kmにあり,ラガン川の南北両岸,旧アントリム県と旧ダウン県にまたがって立地する。町は 1620年代アルスター植民計画に組み込まれ,おもにイングランドウェールズから入植が行なわれた。そこに建てられた城は 1641年,アルスター地方の反乱時に包囲され,1707年に焼失。17世紀末から 18世紀にかけて来住したユグノーによって始められたリンネル工業は,今日でも合成繊維と並んで重要な産業で,ほかに自動車部品,金属板などの製造が行なわれる。市内にはアルスター植民時代の建築を象徴するゴシック様式の大聖堂(1623)がある。リスバーン地区は 1973年の自治体再編で設置され,北はベルファストとアントリム,西はクレイガボン,南はバンブリッジ,東はダウンカッスルレイの各地区に接する。ダンマリーとリスバーンの町の周辺に工業団地や住宅地が立地。郊外ではブタ,家禽が飼育され,オオムギが栽培される。南にあるヒルズバラ城は,イギリス王室の一族が北アイルランドを訪れる際に使われる。地区面積 444km2。地区人口 10万8694(2001)。都市人口 7万1465(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android