コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスボン戦略 りすぼんせんりゃく

1件 の用語解説(リスボン戦略の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

リスボン戦略

2000年3月にリスボン欧州理事会において打ち出されたEUの経済・社会政策人的資源の重要性が認識され、知識社会に向けた教育・訓練、より積極的な雇用政策社会保障制度改革・社会的排除の解消を目指した戦略である。また、経済成長、世界的な競争力、雇用の推進には、デジタル化と情報基盤経済が不可欠という認識が改めて了承された(欧州情報通信戦略)。経済政策では、公共財政政策の協調、低所得者などへの減税、とくに情報社会に対応する生活と労働のための教育と訓練が強く主張された。以降10年の域内の実質経済成長率として3%前後を予測している。雇用目標では、加盟国平均で61%の就業率を10年までに70%にまで引き上げ、とくに女性の就業率を現在の51%から60%に引き上げるとしている。フランスが05年5月に国民投票欧州憲法条約の批准を拒否した大きな理由として「雇用不安」が指摘されたが、その直後の6月の欧州理事会では、リスボン戦略見直しが確認された。

(渡邊啓貴 駐仏日本大使館公使 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

リスボン戦略の関連キーワード自動車電話2000年問題書店ハ ジウォン三菱ふそう MIQCS燃焼システム専門図書館団体委任事務西原借款山梨(県)Jリーグ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone