コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リゼ Rize

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リゼ
Rize

トルコ北東部,黒海沿岸の都市。同名県の県都。気候は温和で,雨が多く,茶の栽培が盛んである。トルコ紅茶の 50%以上がここでつくられている。イスタンブールとは航路によって結ばれている。人口5万 1586 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リゼ(Rize)

トルコ北東部の都市。黒海に面し、トラブゾンの東約75キロメートルに位置する。紀元前6世紀に古代ギリシャが建設した植民都市に起源する。1930年代に茶の生産が始まり、同国有数の産地になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リゼの関連キーワードシャンゼリゼ通りのイルミネーションレジェプ・タイップ エルドアンロッテ マカダミアチョコレートインターナショナライゼーションポストノーマライゼーションディセントラリゼーショングローバライゼーションバーチャライゼーション反グローバリゼーションカニバライゼーショングローバリゼーションカニバリゼーションフランス革命記念日アーモンドプレミオカラライゼーションポラライゼーションビル・フリゼール反グローバリズムソラリゼーション練り込みパイ生地

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android