コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リソソル lithosol

岩石学辞典の解説

リソソル

非成帯性土壌で,A層位が母岩の上に直接乗っているもの.普通は急傾斜地に形成され,このような所では土壌が形成されるとほとんど同じく浸食が速く行われる[Birkeland : 1974].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リソソル
りそそる
lithosol

山地や海岸の傾斜地を覆う土層の浅い土壌で、岩石表面の風化物を母材とする未成熟土。固結岩屑(がんせつ)土ともいう。傾斜面の地表を流れる流去水や高冷地の場合の霜の作用により、表土が安定せず、土壌の層位分化が十分に行われない。礫質(れきしつ)の土性からなり土層の厚さも薄く、数十センチメートル下層は基盤岩石に達するのが普通である。[浅海重夫・渡邊眞紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リソソルの関連キーワード固結岩屑土レゴソル岩屑土

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android