コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リソース仮想化 りそーすかそうか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リソース仮想化

コンピューター本体をさすプラットフォーム仮想化に対し、同じく60年ごろに登場した、記憶装置など周辺機器の仮想化をさす用語。具体的には、複数の記憶装置をまとめひとつの巨大なボリュームの装置に見せかけたり、逆にパーティショニングにより小分けし、個々人のコンピューターに割り当てたりすること。リソースを仮想化すると、物理的な周辺機器を集めたり分散したり、抽象化して名前で管理できるといったメリットがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone