コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リソース仮想化 りそーすかそうか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リソース仮想化

コンピューター本体をさすプラットフォーム仮想化に対し、同じく60年ごろに登場した、記憶装置など周辺機器の仮想化をさす用語。具体的には、複数の記憶装置をまとめひとつの巨大なボリュームの装置に見せかけたり、逆にパーティショニングにより小分けし、個々人のコンピューターに割り当てたりすること。リソースを仮想化すると、物理的な周辺機器を集めたり分散したり、抽象化して名前で管理できるといったメリットがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android