コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リソース仮想化(読み)りそーすかそうか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リソース仮想化

コンピューター本体をさすプラットフォーム仮想化に対し、同じく60年ごろに登場した、記憶装置など周辺機器の仮想化をさす用語。具体的には、複数の記憶装置をまとめひとつの巨大なボリュームの装置に見せかけたり、逆にパーティショニングにより小分けし、個々人のコンピューターに割り当てたりすること。リソースを仮想化すると、物理的な周辺機器を集めたり分散したり、抽象化して名前で管理できるといったメリットがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android