コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リソース仮想化 りそーすかそうか

1件 の用語解説(リソース仮想化の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リソース仮想化

コンピューター本体をさすプラットフォーム仮想化に対し、同じく60年ごろに登場した、記憶装置など周辺機器の仮想化をさす用語。具体的には、複数の記憶装置をまとめひとつの巨大なボリュームの装置に見せかけたり、逆にパーティショニングにより小分けし、個々人のコンピューターに割り当てたりすること。リソースを仮想化すると、物理的な周辺機器を集めたり分散したり、抽象化して名前で管理できるといったメリットがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リソース仮想化の関連キーワードプラットフォームフォールトトレラントコンピューターコンピューターゲームクロスプラットホームデータフォームデスクトップコンピュータープラットホームシューズマルチプラットホーム無停止コンピューターラップトップコンピューター

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone