リチャード パウンド(英語表記)Richard Pound

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
弁護士,元水泳選手 国際オリンピック委員会(IOC)委員 元世界反ドーピング機構(WADA)会長

国籍
カナダ

生年月日
1942年3月22日

出生地
オンタリオ州セントキャサリン

本名
Pound,Richard William Duncan

別名
別名=パウンド,ディック〈Pound,Dick〉

学歴
マッギル大学卒,サー・ジョージ・ウィリアムズ大学

経歴
1960年ローマ五輪にカナダの代表選手として出場、100メートル自由型で6位、400メートルメドレーリレーで4位。引退後は弁護士として活動。’77年カナダオリンピック委員会会長。’78年国際オリンピック委員会(IOC)委員に就任。副会長、新財源委員長、マーケティング委員長を歴任。一方、’99年世界反ドーピング機構(WADA)設立と同時に会長に就任。歯に衣着せぬ発言で反ドーピングを訴えた名物会長だったが、2007年12月退任。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android