コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リピトイシュタル法典 リピトイシュタルほうてん

世界大百科事典 第2版の解説

リピトイシュタルほうてん【リピトイシュタル法典】

前20世紀後半にイシン王国第5代の王リピトイシュタルLipit‐Ishtarが制定した,シュメール語による法典。原本は石碑に刻まれたらしいが,粘土板文書の写本に記されて今日に伝わるのは全体の約3分の1,法律部分の5分の1弱(38条)である。この法典は製作年代や,序文・本文・後書きの3部構成法においても,犯罪処罰法においても,ウルナンム法典ハンムラピ法典との中間に位置する。序文では神々の命にのっとり,王が〈正義を国土に回復し安寧をもたらすために〉,住民の債務を免除し,賦役日数を軽減したと記されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のリピトイシュタル法典の言及

【メソポタミア】より

…イシュビエラが創始した中部バビロニアのイシン王朝は,ウル第3王朝の政治理念を踏襲した。たとえば〈リピトイシュタル法典〉は,前代の〈ウルナンム法典〉を継承したものである。一方,より南部のラルサは,シュメール地方に覇権を樹立したし,ディヤラ川流域ではエシュヌンナが勢威を振るった。…

※「リピトイシュタル法典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android