安寧(読み)あんねい

精選版 日本国語大辞典「安寧」の解説

あん‐ねい【安寧】

〘名〙
① (形動) 穏やかにおさまり、異変、不安などがないこと。また、そのさま。安泰。平穏。
※続日本紀‐霊亀元年(715)九月庚辰「頼祖宗之遺慶、海内晏静、区夏安
※平家(13C前)一一「仍年来の愁眉を開き、一期の安寧を得ん」 〔史記‐周本紀〕
② 冬の別名。《季・冬》
※俳諧・俳諧小筌‐冬(1794)「安寧」 〔爾雅‐釈天〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「安寧」の解説

あん‐ねい【安寧】

無事でやすらかなこと。特に、の中が穏やかで安定していること。「社会の安寧す」
[類語]安全平和和平太平昌平静寧ピース無事安泰平安安穏あんのん小康安心確実無難無害大丈夫穏やか平穏平らか温和事無しセーフティー無毒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「安寧」の解説

【安寧】あんねい

寧はやすらか。平穏。〔小雅常棣〕喪亂らぎ に安く且つ

字通「安」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android