安寧(読み)アンネイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) 穏やかにおさまり、異変、不安などがないこと。また、そのさま。安泰。平穏。
※続日本紀‐霊亀元年(715)九月庚辰「頼祖宗之遺慶、海内晏静、区夏安寧」
※平家(13C前)一一「仍年来の愁眉を開き、一期の安寧を得ん」 〔史記‐周本紀〕
② 冬の別名。《季・冬》
※俳諧・俳諧小筌‐冬(1794)「安寧」 〔爾雅‐釈天〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安寧の関連情報