安寧(読み)あんねい

精選版 日本国語大辞典「安寧」の解説

あん‐ねい【安寧】

〘名〙
① (形動) 穏やかにおさまり、異変、不安などがないこと。また、そのさま。安泰。平穏。
※続日本紀‐霊亀元年(715)九月庚辰「頼祖宗之遺慶、海内晏静、区夏安寧」
※平家(13C前)一一「仍年来の愁眉を開き、一期の安寧を得ん」 〔史記‐周本紀〕
② 冬の別名。《季・冬》
※俳諧・俳諧小筌‐冬(1794)「安」 〔爾雅‐釈天〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「安寧」の解説

あん‐ねい【安寧】

無事でやすらかなこと。特に、の中が穏やかで安定していること。「社会の安寧す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android