リフトスラブ工法(読み)リフトスラブこうほう

  • リフトスラブ工法 lift slab construction method

世界大百科事典 第2版の解説

地上で作った床スラブ(床版)などを,あらかじめ構築しておいた柱や壁を頼りに,ジャッキなどを使って所定の高さまでつり上げ,柱や壁に固定する建築の方法をいう(図)。スラブの材料としては現場打ちのコンクリートによるものが多いが,鉄骨屋根の架構などにも応用される。利点としては,スラブを作る現場が地上であるため作業が安全で生産性もあがる,足場をはじめ型枠などの仮設材が節約できる,大型クレーンが不要である,工期の短縮が可能であるなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android