コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リフトスラブ工法 リフトスラブこうほう

百科事典マイペディアの解説

リフトスラブ工法【リフトスラブこうほう】

プレハブ建築等で使用される建築工法の一つ。現場打ちで,またプレキャスト材を組み合わせるなどして床のスラブ(幅の広い厚板)を作り,これをジャッキなどで持ち上げて柱や壁に固定する方法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リフトスラブこうほう【リフトスラブ工法 lift slab construction method】

地上で作った床スラブ(床版)などを,あらかじめ構築しておいた柱や壁を頼りに,ジャッキなどを使って所定の高さまでつり上げ,柱や壁に固定する建築の方法をいう(図)。スラブの材料としては現場打ちのコンクリートによるものが多いが,鉄骨屋根の架構などにも応用される。利点としては,スラブを作る現場が地上であるため作業が安全で生産性もあがる,足場をはじめ型枠などの仮設材が節約できる,大型クレーンが不要である,工期の短縮が可能であるなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android