コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リフビエア Klaus Rifbjerg

1件 の用語解説(リフビエアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リフビエア【Klaus Rifbjerg】

1931‐
デンマークの作家。1960年代に登場する詩人中,群を抜いて精力的で多作。自伝的でアイロニカルな散文詩集《自己の風上に立って》(1958)でデビュー以来,文芸雑誌の編集者,記者,映画・テレビレビューの脚本家,小説家としてあらゆるジャンルで活躍中。文学の伝統と陳腐な習慣に挑戦し,その言葉に新しい生命を包容させ,特異な語彙を駆使するので,今や彼の名は〈注目を喚起する〉すべてのものの代表となっている。【岡田 令子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リフビエアの関連キーワードドイツ映画朝鮮映画メタボリズム谷川岳安保闘争電子工業日本社会党ダイハツ三輪車第1号車(HA型)韓国市民運動

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone