コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リフ戦争 リフせんそうCampagnes du Rif

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リフ戦争
リフせんそう
Campagnes du Rif

1921~34年モロッコのリフ族の反フランス,反スペイン独立運動。アブドゥル・クリム Abdal-Krimが指導者。 21年クリムはゲリラを指揮してスペイン領モロッコで蜂起し,メリリャで1万 2000人のスペイン軍に壊滅的打撃を与えた。 25年にはフランス領モロッコで反乱を起し,フランス・スペイン連合軍に挟撃されクリムは捕えられたが,フランスは 34年の完全な鎮圧までしばしば悩まされ内政上の問題となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リフ戦争
りふせんそう

モロッコの反スペイン・フランス植民地主義抵抗運動。アブデル・クリムの反乱ともよばれる。1912年にモロッコ北部の領有権を得て、リフ地方の占領にとりかかったスペインに対して、アブデル・クリムの指導する同地方の部族勢力は、武力抵抗を開始した。1921年にアンワールで大勝を収めたのち、タンジール周辺を除くリフ地方一帯を支配するに至り、1923年に「イスラム共和国」の樹立を宣言した。1925年にフランス領に戦闘が拡大したのち、スペイン軍とフランス軍の共同作戦による反撃を受けてリフ軍は劣勢に陥り、翌年5月にアブデル・クリムも降伏して戦争は終結した。
 リフ戦争は、植民地支配に対する武力抵抗であると同時に、第二次世界大戦後の民族解放運動とも共通する性格をもっており、共和国宣言の形で植民地体制の傀儡(かいらい)となったモロッコ・スルタン政府への批判を表明した。さらにヨーロッパの左翼政党が、反戦と反帝国主義の課題を結び付けて植民地問題に取り組んだ最初のケースであり、国際的な支援があったことも特徴とされる。[宮治一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リフ戦争の関連キーワードフランス共産党戦間期(年表)モロッコ(国)外人部隊リヨテペタン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android