コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リプシウス Lipsius, Justus; Joest Lips

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リプシウス
Lipsius, Justus; Joest Lips

[生]1547.10.18. オーベルイス
[没]1606.3.23/24. ルーバン
ベルギーのユマニスト,古典学者。ローマでド・クランベル枢機卿の秘書をつとめたのち,1570年ドイツにおもむきルター主義者となり,イェナ大学で教鞭をとる (1572~75) 。 78年オランダのライデン大学歴史学教授。その著作から宗教改革者たちに疑いをもたれたためカトリックに戻り,ルーバン大学で教鞭をとる (92) 。その後,反キケロ運動に参加した。タキツスやセネカの校訂で知られる。『ローマ軍について』 De militia romana (95) などのエッセーは,モンテーニュやデカルトに影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リプシウスの関連キーワード10月18日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android