コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利義晴 あしかがよしはる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利義晴
あしかがよしはる

[生]永正8(1511).3.5. 近江
[没]天文19(1550).5.4. 近江,穴太
室町幕府 12代将軍 (在職 1521~46) 。父は義澄。大永1 (1521) 年細川高国に擁されて将軍となる。その後三好氏に圧倒されてしばしば近江国に逃れた。天文 15 (46) 年将軍職を長子義輝に譲った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あしかが‐よしはる【足利義晴】

[1511~1550]室町幕府第12代将軍。在職1521~1546。義澄の子。細川高国に擁立され将軍となったが実権がなく、天文15年(1546)、将軍職を子の義輝に譲った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

足利義晴【あしかがよしはる】

室町幕府12代将軍。義澄の次男。1521年将軍義稙出奔後,管領細川高国に擁立されて将軍となる。高国は義晴を厚遇したが,当時将軍にはほとんど実権がなかった。高国が細川晴元軍に敗れると,義晴は近江に亡命,各所を流寓した。
→関連項目大館氏大館常興日記倉月荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利義晴 あしかが-よしはる

1511-1550 室町幕府12代将軍。在職1522*-47*。
永正(えいしょう)8年3月5日生まれ。足利義澄の子。将軍足利義稙(よしたね)が京都から淡路(あわじ)(兵庫県)にのがれたのち,大永(たいえい)元年細川高国に擁立されて将軍となる。細川氏の内紛のため地位は安定せず,しばしば京都をのがれる。天文(てんぶん)15年子の義輝に将軍職をゆずった。天文19年5月4日死去。40歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。幼名は亀王丸。法号は万松院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

足利義晴

没年:天文19.5.4(1550.5.20)
生年:永正8.3.5(1511.4.2)
室町幕府第12代将軍。義澄の子。近江岡山城(滋賀県近江八幡市)に生まれる。生後すぐ父を失い,播磨(兵庫県)赤松義村の庇護下に育つ。大永1(1521)年末,将軍足利義稙は執政細川高国と対立して出奔,高国は義晴を招き将軍に擁立した。享禄3(1530)年従三位大納言。大永5年北室町柳原に幕府を造営したが,高国一族の内訌から翌年丹波の柳本賢治らが反し,同7年2月の桂川の戦で細川晴元,三好元長らに大敗,高国と共に近江へ逃亡した。以後同母兄の義維を頂く堺公方府に畿内の支配を許すが,天文1(1532)年6月晴元と和睦し義維政権を倒した。しかし一向一揆法華一揆の猖獗で畿内は戦乱の巷となり,同3年ようやく還京を果たす。翌々年法華一揆が潰滅して以降は小康状態を保つが,晴元の家宰三好長慶が台頭し,同15年末には近江に逃れて実子義輝に将軍を譲る。同18年6月摂津江口の戦で晴元が長慶に敗れ,京都回復を果たせないまま翌年近江で客死した。<参考文献>長江正一『三好長慶』,今谷明『戦国三好一族』

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがよしはる【足利義晴】

1511‐50(永正8‐天文19)
室町幕府12代将軍。義澄の次男として播磨に出生。1521年(大永1)将軍義稙(よしたね)の出奔後,細川高国に嗣立されて将軍に就任。当時は細川氏家督が幕府を壟断し,将軍にはほとんど実権がなかった。しかも27年,高国が細川晴元軍に大敗したので近江に亡命し,武佐,桑実寺,朽木谷と同国の各所を転々と流寓した。32年(天文1)ようやく晴元と和睦して将軍の権限を回復したものの,一向一揆,法華一揆の戦闘と町衆の自治によって京都に入れず,36年に至って京都の御所に定住するという有様であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あしかがよしはる【足利義晴】

1511~1550) 室町幕府一二代将軍(在職1521~1546)。義澄の子。細川高国に擁立されて将軍となった。実権なく、三好長慶・細川晴元らの政争に翻弄ほんろうされ、将軍職を子の義輝に譲った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利義晴
あしかがよしはる
(1511―1550)

室町幕府第12代将軍。義澄(よしずみ)の長子。近江(おうみ)(滋賀県)九里備前守(くのりびぜんのかみ)の邸(やしき)で生まれ、播磨(はりま)守護赤松義村(よしむら)に養育された。1521年(大永1)将軍足利義稙(よしたね)が管領(かんれい)細川高国(たかくに)に追放されると、その擁立で元服、将軍となった。のち従三位(じゅさんみ)、権大納言(ごんだいなごん)。その後、高国の政権は部下の内訌(ないこう)と一族の争いのためきわめて不安定で、1538年(天文7)以来、義晴も京都と近江とを往復し安住できなかった。のちさらに細川晴元とその将三好長慶(みよしながよし)と争い、嗣子(しし)将軍義藤(よしふじ)(義輝(よしてる))を従え、山城(やましろ)(京都府)中尾城に進もうとして病没。京都東山の慈照(じしょう)寺に葬送された。[奥野高広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

足利義晴の関連キーワード多国籍軍KADOKAWA足利義澄足利義晴卜部兼倶愚神礼讚バザーリマラッカ吉田兼倶アルブケルケ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足利義晴の関連情報