リベリア共和国(読み)リベリア(英語表記)Liberia

翻訳|Liberia

デジタル大辞泉「リベリア共和国」の解説

リベリア(Liberia)

《自由の国の意》アフリカ西部、大西洋に面する国。正称、リベリア共和国。首都モンロビア。1822年米国から移住した解放奴隷が建設、1847年に独立。ゴム・鉄鉱石産出便宜置籍船が多いため、世界的な船舶保有国となっている。人口369万(2010)。
コスタリカ北西部、グアナカステ県の都市。同県の県都。パンアメリカンハイウエー沿いに位置し、周辺では牧畜業が盛ん。「グアナカステ保全地域」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録されたリンコン‐デ‐ラ‐ビエハ国立公園サンタロサ国立公園パロベルデ国立公園などへの観光拠点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android