コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リベルム・ウェト リベルム・ウェトliberum veto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リベルム・ウェト
liberum veto

「自由にはさせない」の意をもつラテン語から転じ,ポーランド史では「自由拒否権」として知られる。全会一致を伝統的な決議の原則にしたポーランドにあって,ヤギェウォ朝時代を通じて連盟結成権とともにシュラフタ階級に保障された特権。全国議会 (→セイム ) と地方議会の代表がこれを行使することにより議事の停止や議決事項の失効をみた。「黄金の自由」にたとえられたこの特権は,1652年の議会で初めて行使され,選挙王制時代の 18世紀前半に乱用されて政治を麻痺させる結果を招いた。スタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキ王時代の国制改革により多数原理が導入され,行使は事実上消滅し,1791年の『五月三日憲法』で正式に撤廃された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リベルム・ウェトの関連キーワードスタニスワフ1世レシチンスキ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android