コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヤオ(遼)河(読み)リヤオが(英語表記)Liao he

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リヤオ(遼)河
リヤオが
Liao he

中国北東部,リヤオニン (遼寧) 省を流れる川。全長 1430km,流域面積 19万 2000km2。内モンゴル (蒙古) 自治区とホーペイ (河北) 省との境界にあるチーラオトーシャン (七老図山) 山脈に発するラオハ (老哈) 川が源流である。内モンゴル高原の縁辺を北東流してターシンアンリン (大興安嶺) 山脈東斜面の水を集めるシャルモロン (西拉木倫) 川と合流し,シーリヤオ (西遼) 河となる。リヤオニン省との境界付近で南に向きを変え,チャンパイ (長白) 山地に発するトンリヤオ (東遼) 河を合せてから下流をリヤオ河と呼ぶ。ティエリン (鉄嶺) 県以南では南西流し,平行して流れるフン (渾) 河,ラオヤン (繞陽) 河などとともに広い沖積平野を形成する。下流は2流に分れ,ショワンタイツー (双台子) 河口とリヤオ河口でリヤオトン (遼東) 湾に注ぐ。上流は内モンゴル高原のステップを潤しており,植林や灌漑施設の建設によって草地と耕地の増大をはかっている。下流域はリヤオニン省の中心をなす穀倉地帯。河口一帯は低湿な荒れ地であったが,中流にモーリーミヤオ (莫力廟) ダムなどが建設され,1960年代末から大規模な干拓が行われて,水田や畑,果樹園の造成が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android