コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウノウギク(竜脳菊) リュウノウギクChrysanthemum makinoi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュウノウギク(竜脳菊)
リュウノウギク
Chrysanthemum makinoi

キク科の多年草。本州や四国の日当りのよい低山,丘稜地に生える。細長い地下茎を出し,茎は高さ 30~80cm,上方でやや分枝し,全体白毛がある。葉はやや短い柄があり,長さ3~5cmの卵形で3つに中裂し,下面灰白色の毛が密生する。茎,葉ともに強い芳香がある。 10~11月に,径 3cmほどの頭状花を枝先に単生する。総包片は全体にほぼ同じ長さで外側のものは線形をしている。舌状花は白色,ときに淡紅色または黄色を帯び,筒状となることもある。痩果に冠毛はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リュウノウギク(竜脳菊)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android