リュドミラ ピトエフ(英語表記)Ludmilla Pitoëff

20世紀西洋人名事典の解説


1896 - 1951
フランスの俳優
グルジア共和国出身。
夫は俳優であり演出家のジョルジュ、長男はサッシャ・ピトエフである。1915年亡命中のスイスで夫と共に素人劇団を組織し、戦後ルノルマンやピランデルロを上演し、’22年パリのシャンゼリゼ劇場に進出した。夫の演劇活動に協力し、「椿姫」「人形の家」、ショー「聖女ジョーン」のヒロインを務め、繊細だが強靱なで有名である。夫の死後、米国に巡業した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android