コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューベックのマリエン教会 リューベックのマリエンきょうかい

世界の観光地名がわかる事典の解説

リューベックのマリエンきょうかい【リューベックのマリエン教会】

ドイツ北西部のハンブルク(Hamburg)の北東60km、人口20万人ほどの港湾都市リューベック(Lübeck)旧市街にある、2本の尖塔を持つゴシック様式の教会。ホルステン門の東北東、旧市街南のはずれの市庁舎の隣にある。この場所には13世紀にはロマネスク様式のバシリカがあり、これが1350年ごろにゴシック様式の聖堂に建て替えられた。16世紀に火災で焼失したが、すぐに再建された。また、第二次世界大戦下の1942年の空襲で大きな被害を受け、その際崩れ落ちた鐘が現在もそのまま残されている。この教会で最も有名なのが、8512本のパイプを持つ世界最大級のパイプオルガンである。バッハ(Johann Sebastian Bach)が青年時代に、遠路はるばるこのオルガンを聴きに訪れたというエピソードが残っている。聖堂の中にある青を基調とした美しい天文時計も必見。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

リューベックのマリエン教会の関連キーワードハンバーグアルスター湖聖ペトリ大聖堂聖ミヒャエリス教会ハンブルク市庁舎ブレーメン音楽隊の記念像ブレーメン市庁舎ベトヒャー通りホルステン門リューベック市庁舎

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android