コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュームコルフ Heinrich Daniel Ruhmkorff

1件 の用語解説(リュームコルフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リュームコルフ【Heinrich Daniel Ruhmkorff】

1803‐77
ドイツハノーファーに生まれ,パリで活躍した電気機械器具製造家。誘導コイルをつくったことで有名である。ろくろ細工を修業し,しだいに精密加工を専門とするようになった。1839年にパリで工場を開業し,A.M.アンペールらの求めに応じて実験用機械器具を製造した。誘導コイルは1830年代末にアメリカページC.G.Pageによってつくられたが,ヨーロッパでは51年のリュームコルフのものが有名であった。誘導コイルは低電圧直流から高電圧交流を発生して火花を飛ばす装置であって,当時においては摩擦電気(静電気)とボルタ電気(動電気)との間を橋渡しするものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リュームコルフの関連キーワードギーゼキングハノーバーハノーバー朝サーファーサーファールックノーファーストユーズハノーファー陸サーファー丘サーファー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone