コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リラ山系 リラさんけいRila

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リラ山系
リラさんけい
Rila

ブルガリア西部の山脈。ソフィアの南,ロドピ山脈の北西に連なる山塊をなし,その南はピリン山系に続く。バルカン半島の最高峰ムサラ山 (2925m) をもつ。平均標高は 1500mをこえる。 2200m以上の高所には氷河跡やモレーン堆積を残している。段階的植生とアルプス型動物相をもち,山小屋その他のスポーツ保養施設が多い。西斜面,リラ川沿いの山中に有名なリラ修道院がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リラ山系の関連キーワードブルガリアマリツァ川イスカル川

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android