リンガエン(読み)りんがえん(英語表記)Lingayen

日本大百科全書(ニッポニカ)「リンガエン」の解説

リンガエン
りんがえん
Lingayen

フィリピン北部、ルソン島中西部の都市。パンガシナン州州都。人口8万0758(1995)。リンガエン湾南岸のアグノ川デルタに位置し、水田、養魚場、ココヤシ林が多い。リンガエン湾は古くからマニラ侵攻の外国軍の上陸地となり、第二次世界大戦でも日本、アメリカ両軍がここに上陸した。

[高橋 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リンガエン」の解説

リンガエン
Lingayen

フィリピン,ルソン島中部北西寄りのリンガエン湾岸にある港町。パンガシナンの州都。アグノ川河口にあり,周辺には大きな湿地帯が形成され,養魚池塩田が広がる。東方に州の商業中心地ダグパンがある。人口約8万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「リンガエン」の解説

リンガエン(Lingayen)

フィリピン、ルソン島中西部の都市。パンガシナン州の州都。リンガエン湾に注ぐアグノ川の下流部に位置する。第二次大戦中、日本軍、米軍が上陸したことで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android