リンダーホフ城(読み)リンダーホフジョウ

デジタル大辞泉「リンダーホフ城」の解説

リンダーホフ‐じょう〔‐ジヤウ〕【リンダーホフ城】

Schloß Linderhof》ドイツ南部、バイエルン州の村、オーバーアマーガウの近郊にある城館。バイエルン王ルートウィヒ2世により、1874年から1878年にかけて建造ベルサイユ宮殿内のトリアノン宮殿を模倣し、城館内にはルイ14世マリー=アントワネットの像が置かれている。リヒャルト=ワグナーオペラタンホイザー」の場面を再現して、黄金のを浮かべた「ビーナス洞窟」がある。リンダーホーフ城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android