コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンデグレン Erik Lindegren

世界大百科事典 第2版の解説

リンデグレン【Erik Lindegren】

1910‐68
スウェーデンの詩人。大文字,句読点なしの14行詩(ソネット)集《道なき人》(1942)はその奇抜な形式と内容の難解さで読者を驚かせた。彼の詩が呼び起こすイメージの唐突さ,不協和な印象は,後期の詩集《随員》(1947),《冬の犠牲》(1954)ではしだいに減じて一種の音楽性が感じとれるというが,難解であることに変りはない。1962年アカデミー会員に選出された。【田中 三千夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

リンデグレンの関連キーワードスウェーデン文学8月5日

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android