コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンデグレン Erik Lindegren

世界大百科事典 第2版の解説

リンデグレン【Erik Lindegren】

1910‐68
スウェーデンの詩人。大文字句読点なしの14行詩(ソネット)集《道なき人》(1942)はその奇抜な形式と内容の難解さで読者を驚かせた。彼の詩が呼び起こすイメージの唐突さ,不協和な印象は,後期の詩集《随員》(1947),《冬の犠牲》(1954)ではしだいに減じて一種の音楽性が感じとれるというが,難解であることに変りはない。1962年アカデミー会員に選出された。【田中 三千夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リンデグレンの関連キーワード新聞小説田岡嶺雲アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画明治日本の産業革命遺産有珠山Edward the Confessorウィルソン大逆事件

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone