コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンデグレン Erik Lindegren

世界大百科事典 第2版の解説

リンデグレン【Erik Lindegren】

1910‐68
スウェーデンの詩人。大文字,句読点なしの14行詩(ソネット)集《道なき人》(1942)はその奇抜な形式と内容の難解さで読者を驚かせた。彼の詩が呼び起こすイメージの唐突さ,不協和な印象は,後期の詩集《随員》(1947),《冬の犠牲》(1954)ではしだいに減じて一種の音楽性が感じとれるというが,難解であることに変りはない。1962年アカデミー会員に選出された。【田中 三千夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リンデグレンの関連キーワードスウェーデン文学8月5日

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android