リンパ性浮腫(読み)リンパせいふしゅ(英語表記)lymphatic edema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンパ性浮腫
リンパせいふしゅ
lymphatic edema

リンパ管の閉塞でリンパがうっ滞するために生じる浮腫。乳癌根治手術後,リンパ節への癌転移,リンパ管炎などの際にみられる。フィラリア症でも,末期には両下肢,陰嚢などに著明なリンパ性浮腫が生じて,いわゆる象皮病を起す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android